日本PVリサイクルモデル事業実行委員会(JPV)

PV Cycle ORG
お問い合わせ

廃太陽光発電パネルの広域収集網の導入の実現可能性を評価

あなたのメリット

循環型社会構築のための試験研究に貢献できる

より良い地球環境に向けて貢献することを意図している、新エネルギーに関わるみなさまにとって、太陽光発電パネルの安易な廃棄物化を望んでいらっしゃらないと思います。JPVのモデル事業では、自然災害や故障でいつ発生するか分からない廃太陽光発電パネルの具体的な受け入れ先を構築していきます。

すなわち、本モデル事業は循環型社会構築を上位目標に置きつつ、現実にも対応した試験研究であり、JPVが本モデル事業を通して、廃太陽光発電パネルの収集網の導入可能性を評価します。あなたからの各種のフィードバックは、JPVが本モデル事業を進めるために、欠かせないものです。具体的には、みなさまからのフィードバックに基づき、

  • 廃太陽光発電パネルの収集網を導入するためには、現在どのような課題があるのか
  • 集まる廃太陽光発電パネルの種類や性状により、どのような処理の技術的課題があるのか
  • その課題を解決するにはどういった方法があるのか
  • 課題が解決されることで、社会にどのような影響が及ぼされるのか

こういったことがらをJPVは評価しようとしています。なお、本モデル事業は環境省事業であるため、事業の成果は公表されるため、成果はみなさまに還元されます。

ページのトップへ戻る